So-net無料ブログ作成
検索選択

テールのリンケージ [T-REX 550X]

IMG_2385.jpg
ラダーサーボです。
ラダー側のホーンを一つ内側にしたので、こちらも一つ内側にリンクボールを取り付け。

IMG_2387.jpg
ラダーサーボはマニュアル通り左側に。(どちらでも取り付けられるようにはなっています。)

IMG_2388.jpg
ネジはキャップボルトに取り替えてあります。
何度か取り外しを繰り返すと樹脂部分のネジ山がなくなってしまうからです。

IMG_2392.jpg
リンケージロッドにボールリンクを取り付けてラダーサーボホーンに取り付けます。

IMG_2393.jpg
リンケージロッドのセンター付近に金属パイプを瞬間接着剤で固定します。
コントロールガイドはスムーズに動くように取り付けます。

IMG_2394.jpg
ラダー側のホーンにも取り付けます。


Flickr_.png

テールの組み立て [T-REX 550X]

IMG_2369.jpg
テール関係は大体組み立てた状態で入っています。

IMG_2371.jpg
テールローターホルダーを分解したところ。ホルダーの中にベアリングが2個入っていますが、固定されていました。
スラストベアリングには、「 IN 」「 OUT 」の刻印があるのはいつも通り。
ベアリングとスラストベアリングの間にワッシャーが入ります。
グリスアップされていませんので、付属のグリスを使用しました。
ネジは一度脱脂してロック剤をつけて組み立てます。

IMG_2372.jpg
テールピッチアッセンブリー。
プラスネジは写真では取り外していませんが、実際には外してロックし直しました。

IMG_2373.jpg
ラダーコントロールアーム付近。
この辺りは組み立て時に力を入れると動きが渋くなります。ロック剤を使い、ある程度のところまで締めます。

IMG_2374.jpg
組み立て直した状態です。真鍮のカラーのあるところに通すネジにはロック剤をつけず、ネジを受ける側にあらかじめ塗っておいた方が良いと思います。真鍮のカラーとネジの間でロック剤が固まると動きがかなり渋くなります。

IMG_2375.jpg
テールアウトプットシャフトとケース。
中のギヤとベアリングは壊れた時に外して見ますね。
ベアリング類は固定されていました。

IMG_2376.jpg
ケース反対側から。

IMG_2377.jpg
調整用のシムワッシャーなどは使用しなくても良かったです。
(付属していませんけど)

IMG_2378.jpg
テールピッチアッセンブリーを取り付けたところ。
ここのネジ締めも慎重に。

IMG_2379.jpg
テールローターホルダーを取り付けたところ。
セットボルト(イモネジ)も忘れずに取り付けておきましょう。

IMG_2389.jpg
テールローターホルダー関係を取り付けます。
垂直にします。(垂直尾翼がではなく、ローターホルダーが地面に対して垂直に)


Flickr_.png

すごい品質ですね [T-REX 550X]

IMG_2395.jpg
550Xも後いくつかの記事をアップして仕上げのところまで来ましたが、最後の方でつまづきました。
テールブームブレス(テールパイプサポート)は角度からして削らないとうまく取り付きません。
そこは補正してスキッドマウントにねじ込んていくと軽く回している印象なのに締まりません。
スキッドマウントのアルミがどんどん削れていく印象。
とうとう丸坊主のようになってしまいました。
前側の部品を使って注意深くやって見ましたがやはり同じ。

これはなんなのでしょうか。

IMG_2396.jpg
たまたまシルイフィードの余った部品で使えそうなのがあったので加工して見ます。
形状は全然違いますが、スキッド部分の穴位置が同じなので。

結局、キャップボルトではなく、キャップスクリューでねじ込んだら一定の強度になったので、それでしばらく様子を見ることに。続きはまた。


Flickr_.png

曇りのち雨 [GOBLIN URUKAY]

DSC_0419.jpg
ピッチを再設定した GOBLIN URUKAY COMPETITION です。
かなり良くなりました。もう少しピッチアップしても良さそう。

DSC_0406.jpg
風の強い時の上空フライトはボディ付きが飛ばしやすいですね。
この機体は小ぶりなのでホバリングもOK。

この後、雨が降ってきたので、700Xと各一フライトして撤収しました。


Flickr_.png

メカ搭載 [T-REX 550X]

IMG_2361.jpg
メカを搭載しています。
やや無理矢理感があります。

IMG_2366.jpg
アンプ(ESC)は放熱を考えたら結束バンドで固定の方が良さそうです。

IMG_2367.jpg
受信機側。もう少し工夫をして見たいと思います。


Flickr_.png

こんなことって [T-REX 700X]

IMG_2357.jpg
GOBLIN 570 です。
この後、ロールで失敗して病院行きです。
ロールはループと違って、見えないと無理でした。

IMG_2358.jpg
今現在のフラッグシップ、URUKAY COMPETITION です。
サーボ載せ換えました。そのせいか妙にピッチが低く再調整となりました。

IMG_2359.jpg
じゃじゃ馬君。(いや、飛びは大人しいですが)T-REX 700X です。
550X が仕上がったら、普段はこれと2機体制になる予定です。

IMG_2360.jpg
さて、700X ですが、モーターの上部が結構傷だらけになっていて、良く見たらキャノピーが削れています。左右にちょうどモーターのカーブに沿って。
先週の強い風の中を飛ばしていたので、キャノピーが風圧で寄せられて、モーターに接触したようです。
ALIGN のペラペラキャノピー恐るべし。


Flickr_.png

モーターの取り付け [T-REX 550X]

IMG_2349.jpg
モーターは ALING RCE-BL730MX 960Kv です。純正ですね。
一クラス上だとちょっとコストがかかりますが、このクラスはとても安価でした。

IMG_2350.jpg
もう少し小さいサイズでも良いですけどねえ。

IMG_2351.jpg
モーターマウントです。純正なので4本ネジでそのまま取り付けます。
マウントの穴位置が合えば、たいていのモーターは大丈夫だと思います。
( Kv値が許容範囲で、芯の直径がピニオンと合えば。)

IMG_2352.jpg
ピニオンギヤです。
すごい太さ。
16T です。

IMG_2353.jpg
マウントに取り付けました。

IMG_2354.jpg
ピニオンギヤの位置は大体このくらいでした。
ロック剤をつけておいて、機体に取り付けてから調整した方が良いでしょう。

IMG_2355.jpg
機体に取り付けたところ。
フレームを組み上げてからでも、モーターマウントは容易に入りました。

IMG_2356.jpg
私の機体のピニオンギアの位置。

ピニオンギヤとメインギヤのバックラッシュは固定で調整はできません。

ここまで組み立てて見て、でかいなと感じるようになりました(550クラスとしては)。


Flickr_.png

リンケージ [T-REX 550X]

IMG_2343.jpg
リンケージはアジャスタブルホーンを使っています。
エルロン側。

IMG_2344.jpg
エレベーター側。

IMG_2345.jpg
ピッチ側。
アジャスタブルホーンを固定するには、メインシャフトが邪魔になるので外しています。

IMG_2346.jpg
ロッドの露出部分が 29mm のものを3本作ります。

IMG_2347.jpg
アンチローテーションブラケットを取り付けたところです。
後から調整できるのがアジャスタブルの特長ですが、位置関係から、最初から調整しておく必要があります。


Flickr_.png

ギヤの取り付け [T-REX 550X]

IMG_2337.jpg
メインギヤです。ネジはスクリュキャップが樹脂部分にねじ込んであるため、ロックせず増し締めです。

IMG_2348.jpg
バラして見ました。構造は特に変わったものではなく、従来のものとだいたい同じです。
もちろん形状は以前とずいぶん違いますが。

IMG_2338.jpg
600E と 550E の文字があります。裏側。
固定はキャップボルトとナイロンナットで固定します。

IMG_2339.jpg
メインシャフトを取り付けます。ワッシャーは一番薄いのとその次のを組み合わせたらちょうどでした。

IMG_2340.jpg
キャップボルトとナイロンナットで取り付け。

IMG_2341.jpg
この後、リンケージロッドとアンチローテーションブラケットを取り付けます。


Flickr_.png

サーボの取り付け [T-REX 550X]

IMG_2332.jpg
エルロンサーボです。
サーボのサイズが大きい(取り付け穴の幅)ので若干ドライバーで工夫しながら取り付けました。
少し小さめのフタバのサーボでも若干マウントの穴位置が小さく感じたので、ALIGNサーボ専用なのかもしれません。
サーボの耳が上下に当たっています。

IMG_2333.jpg
ピッチ側です。

IMG_2331.jpg
エレベーターサーボ側。

IMG_2335.jpg
フロントより見たところ。少し大きめのホーンでも大丈夫なようです。


Flickr_.png