So-net無料ブログ作成
T-REX 550X ブログトップ
- | 次の10件

ギヤの取り付け [T-REX 550X]

IMG_2337.jpg
メインギヤです。ネジはスクリュキャップが樹脂部分にねじ込んであるため、ロックせず増し締めです。

IMG_2348.jpg
バラして見ました。構造は特に変わったものではなく、従来のものとだいたい同じです。
もちろん形状は以前とずいぶん違いますが。

IMG_2338.jpg
600E と 550E の文字があります。裏側。
固定はキャップボルトとナイロンナットで固定します。

IMG_2339.jpg
メインシャフトを取り付けます。ワッシャーは一番薄いのとその次のを組み合わせたらちょうどでした。

IMG_2340.jpg
キャップボルトとナイロンナットで取り付け。

IMG_2341.jpg
この後、リンケージロッドとアンチローテーションブラケットを取り付けます。


Flickr_.png

サーボの取り付け [T-REX 550X]

IMG_2332.jpg
エルロンサーボです。
サーボのサイズが大きい(取り付け穴の幅)ので若干ドライバーで工夫しながら取り付けました。
少し小さめのフタバのサーボでも若干マウントの穴位置が小さく感じたので、ALIGNサーボ専用なのかもしれません。
サーボの耳が上下に当たっています。

IMG_2333.jpg
ピッチ側です。

IMG_2331.jpg
エレベーターサーボ側。

IMG_2335.jpg
フロントより見たところ。少し大きめのホーンでも大丈夫なようです。


Flickr_.png

テール側 [T-REX 550X]

IMG_2325.jpg
テールのマウントです。分解してみました。
構造はこれまでのものとほとんど同じ。
ギヤを回すとかすかに引っ掛かりがあります。

IMG_2326.jpg
中のギヤケース。この状態で回しても引っ掛かりが。

IMG_2327.jpg
分解してみましたが、ベアリングのようです。
ほんのわずかですが、回転に抵抗があります。
フライト後しばらく様子を見たいと思います。

IMG_2328.jpg
全てのネジを仮止めで取り付けます。

IMG_2329.jpg
他のALIGN機と同じく、テールパイプの抜けどめのネジ穴があります。


Flickr_.png

フロント部分 [T-REX 550X]

IMG_2317.jpg
フロント部分、レシーバーマウントという部品ですが、Hobbywing のアンプも純正のように格納できるようです。

IMG_2318.jpg
アンプマウント側だけ切り欠きがあって、胴体(フレーム)の中に少し入る構造になっています。

IMG_2319.jpg
分解してみました。
バッテリー取り外し用のボタンの部分にスプリングが入っています。

IMG_2321.jpg
キャノピーサポートです。

IMG_2323.jpg
両側から締め込んでフロント部分を固定します。

IMG_2324.jpg
先ほどのアンプ側。
ジャイロのアンプ部分のレイアウトが少し楽になりそうです。


Flickr_.png

フレームその2 [T-REX 550X]

IMG_2307.jpg
モーターマウント下側です。
ベアリングが良く見える方が上です。上からピニオンギヤで押し付けるため。
上側のマウントはモーター到着後取り付けます。

IMG_2308.jpg
モーターマウントの位置関係です。

IMG_2309.jpg
キャノピーマウントは後からだとネジを締めにくいので、この時点で取り付けています。

IMG_2310.jpg
キャノピーマウントのネジは本来このようにピン(ピアノ線など)を通して締め付け時に固定することを想定しているみたいですが、ネジが長すぎてピンがとおりません。(設計ミスか)

IMG_2312.jpg
スキッドマウントも取り付けました。

IMG_2311.jpg
スキッドマウント後ろ側は、テールパープサポートを取り付ける関係でネジが長めになっています。
仮止め時にねじ込んでしまうとネジ山を壊します。

IMG_2315.jpg
上部のキャノピマウントも散り付けたところ。

IMG_2316.jpg
反対側(左側)のフレームも取り付けたところです。
ここまで仮止めとし、フレームが歪んでいないか(平らなところで垂直か確認)確認してからロックします。
フレームの中央上部に樹脂部品が取り付けられていますが、これが影響してベアリングブロック兼サーボマウントが正確に取り付けられません。少し削るか、無理やり締め付けるか。
締め付けたら、フレームに歪みが出たので補正をしながら締め直しました。
やっぱり少し削った方が本来は良いと思います。
初期の 500ESP は、ボトムフレーム(樹脂部分)がフレームのカーボンを削らないと取り付けできなかった記憶があります。現物合わせをしなくても良いように製造して欲しいと感じますした。

IMG_2320.jpg
その他の補強パーツも取り付けてしまいます。


Flickr_.png

フレーム [T-REX 550X]

IMG_2299.jpg
左側フレーム外側からです。
ネジ用の穴の開け方は、もう少し丁寧にやって欲しい感があります。

IMG_2298.jpg
左側フレーム内側からです。

IMG_2300.jpg
右側フレーム外側からです。

IMG_2301.jpg
右側フレーム内側からです。

IMG_2302.jpg
スキッドマウントです。ワッシャーはテールサポートをつける時に使います。

IMG_2303.jpg
サーボマウント兼メインシャフトベアリングブロックです。
サーボマウント用のネジはデタラメに付けられていますので外しておきましょう。
取り付けた後であれっとなる。

IMG_2304.jpg
モーターマウント、アンチローテーションブラケットです。

IMG_2305.jpg
ベアリングブロックはベアリングを両側方押し付ける形で取り付けます。
サーボマウントの位置関係から、旧来の機種のように間違えたままになることは無いと思います。

IMG_2306.jpg
上側から見たところ。


Flickr_.png

ローターへッドその2 [T-REX 550X]

IMG_2287.jpg
スワッシュです。一応組み立てた状態になっています。ちょっと違いますが。

IMG_2288.jpg
リンクボール類を外します。

IMG_2289.jpg
以前はメンテナンスすることもありましたが、リンクボールは外れて欲しくないので、硬い方のロック剤( T43 )を使っています。
ローターグリップアームにつながる方のリンクボールは外側の穴位置ですね。

IMG_2290.jpg
リンケージロッドです。
700X と違いロッドは逆ネジになっています。
500X 所有のクラブの方が言っていましたが、550X でも逆ネジが採用されています。
何が良いかと言うと、普通はボールリンクを半回転単位でしか合わせられないので、わずかですが左右のロッドの長さに誤差が生まれます。
これは、両方のボールリンクを同じ方向にネジることによって、広げる、或いは狭めることができます。
微妙に調整してぴったりと合わせられます。両方のボールリンクを固定して、真ん中のロッドを回すことでも調整できます。ターンバックルのような使い方ができます。

IMG_2291.jpg
長さは、27mm (ロッドの露出している部分)です。

IMG_2292.jpg
メインシャフト(メインマスト)です。
ALIGNの文字のある方が下側です。
上側はネジ穴が2つ空いているので、間違えることはないと思います。

IMG_2293.jpg
メインシャフトにスワッシュとローターヘッドを通します。

IMG_2294.jpg
ネジ(2箇所)とナイロンナットで固定します。
ナット側です。

IMG_2295.jpg
ネジ側です。

IMG_2296.jpg
ラジアスアームをスワッシュに取り付けます。

IMG_2297.jpg
先ほど組み立てたリンケージロッドを取り付けて終わりです。
ALING機のリンクボールは割と楽にパチンとはまりますね。


Flickr_.png

ローターヘッド [T-REX 550X]

IMG_2278.jpg
ローターヘッドです。700X とほぼ同じ形状。
この形で組み立ててあります。分解して全てロックする必要があります。

IMG_2279.jpg
ベアリングとワッシャー類。
スピンドルのネジ側から、ワッシャー、スラストベアリング、スペーサーのワッシャー。
スピンドルシャフト横の黄色のスペーサーはローターハウジング側に付きます。
スラストベアリングはグリスアップされていますが、ネジはオイルが付いていますので脱脂処理が必要です。

IMG_2280.jpg
メインローターホルダー。
リンクボールとネジをロックしておきます。

IMG_2281.jpg
スピンドルシャフトには樹脂 or ゴムのスリーブがあります。この付近はグリスアップしておきます。
(シャフトを全体的に)

IMG_2282.jpg
ロックして再組み立てしたところ。
硬い方のロック剤を使っています。( ALING なら T43 )

IMG_2283.jpg
ラジアスアーム部分です。構造は X シリーズ共通のようです。
ワッシャーはラジアスアーム固定用ネジ側に付けます。

IMG_2284.jpg
ここです。

IMG_2285.jpg
ラジアスアームも取り付けたところ。

IMG_2286.jpg
方向などはこの角度からの方がわかりやすいですね。


Flickr_.png

中型を補強 [T-REX 550X]

RH55E18XW_DM_01.jpg
キット単発でありました。アンプはHobbywing、モーターは純正となる予定です。
- | 次の10件 T-REX 550X ブログトップ