So-net無料ブログ作成
GOBLIN URUKAY ブログトップ
前の10件 | -

ベルト交換その2 [GOBLIN URUKAY]

IMG_3121.jpg
GOBLIN のテールベルトを外す一番早い方法は、テールプーリーのネジを外すことだそうです。
これなら、テールを緩めなくて良いですね。

IMG_3122.jpg
今回はベルトの交換なので、テールケースを分解する必要があります。

IMG_3123.jpg
一部のネジを外してテールベルトを引き出します。
ベルトの山のエッジ部分が少し丸くなってはいますが、ほつれや劣化は見当たりませんでした。
もう少し、交換頻度を落としても良いようです。

IMG_3124.jpg
ベルトテンショナーの取り付け方向ですが、SABのサイトの動画を見ると、これでは張りが弱いようです。
上部のネジ固定が180度違ったようです。

IMG_3125.jpg
外したところ。ちょっと見えにくいですが、スプリングの先端を差し込むところが後ろ側になっています。実際は前側にするようです。

IMG_3126.jpg
スプリングです。手前が新品。消耗したというより、前回取り付け時にいろいろネジって試していたため緩んでいるんだと思います。

IMG_3128.jpg
モーターベルトも外します。

IMG_3130.jpg
モーターマウント部分のスプリングです。細い方が前後の位置を踏ん張るスプリング、太い方が縦方向です。(なぜか1本しか入ってなかった。)
一つ前の記事をよく見ていただくとわかるように、最初からパッケージされていませんでした。
SABオンラインショップの写真は2本になっています。
その後、SAB側に問い合わせたところ別途送っていただけることになりました。

IMG_3131.jpg
モーターを取り付けます。

IMG_3132.jpg
モーター固定用のナットはサーボの位置関係から向こう側はとても締めにくいのですが、動画ではラチェットメガネレンチを使っていました。私は8mmの普通のメガネレンチを使いました。

IMG_3133.jpg
モーターのベルトはかなり違うものになっていました。上が新しい方です。強度が増しているのでしょうか。

IMG_3135.jpg
モーターとテールのベルトを取り付けます。

IMG_3136.jpg
最後にテールを組み立てて、テールのベルトを張ります。
写真の状態では少しテンション不足とマニュアルには書かれていますが、かなり引っ張った状態です。
こんなに張って大丈夫かなと思いましたが、これで正しいのでしょう。
今までアイドルアップに入れる時に、テールベルトがテールボディ付近で暴れる音が聞こえていましたが、これで解消されるかもしれません。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベルト交換 [GOBLIN URUKAY]

IMG_3120.jpg
こちらは消耗のための交換です。
ターゲットはテールベルトとモーターベルト。
モーターベルトは少し延びたようなのでテールの交換の2〜3回に一度は交換しようと思っています。
スプリングも少しチェックして見てですね。

他の部品は送料無料対策のために金額調整でストック用に調達しています。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ストレート [GOBLIN URUKAY]

暑かったですね。
IMG_3111.jpg
ただいま絶賛冷却中です。
この気温だと放置状態でモーターがクールダウンするまで20分くらいかかりますね。
扇風機をつけると2〜3分、かなり効果あります。

IMG_3112.jpg
ところで、上空でストールターンをした時、直後に姿勢を直した状態でそのまま舵をいじらず水平直線飛行をする練習をしていたのですが(つまり一発で姿勢を決める)、左方向に行く時は手前に、右方向に行く時は向こう側にコースがずれてしまう癖があります。
補正のために右側から降りてくるときにテールをこちら側に、左側から降りてくる時に向こう側に振って見ました。何回か試してみるうちに、似たようなコースを飛ぶようになって来ました。
姿勢を判断する時に少し自分の癖が出るようです。

また、直線飛行をする際にも機体は若干左に傾けなければいけない(ローターのトルクを打ち消すために)のに、まっすぐ下ろしてしまうのも原因かもしれません。

毎回練習していて、ほとんど進歩が見られないこの頃ですが、一つ気が付いたのは良かったと思います。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

強風でした [GOBLIN URUKAY]

IMG_3100.jpg
本日は強風でした。
珍しくいつもと反対方向の風、時々後ろから強風で、どんどん飛行コースが遠くなってしまいます。
それでも、明日の天気を考えると充電して来た分は飛ばそうと上空7フライトほどしました。

このぐらいのサイズになると上空は普通にフライトできるのですが、時々煽られてテールが暴れています。
3ローターの時はスピードもパワーも無かったので、追い風のストールターンでは途中で失速してしまい、向かい風では抵抗が大きいらしく少し煽られていましたが、2ローターになってからは、そんなことも無く元気に飛んでいます。

IMG_3099.jpg
風が強すぎて太陽棒も大きく揺れて使えませんでした。
今日は4割方晴れでしたが、前方半分くらい太陽が隠れていた(これ大事)ので、日除けがなくても大丈夫でした。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

霞んでるけど暖かいですね [GOBLIN URUKAY]

IMG_3094.jpg
昨日は出かけていたので、今日はフル充電して行って来ました。

最高と最低気温が20度違うと服装が決めづらいですね。

今日は GOBLIN URUKAY だけです。
日中は気温が高めで、一番暖かでした。バッテリーの方もほぼ調子よくホバリングでも安定していました。もう少し回転を落としてみると、バッテリーによっては多少ばらつきが出るようで、1380rpmくらいにしておくのが良いようです。

上空は近め近めで、この時期になると太陽も高度が高いのでループ以外は目の前に来ないので楽です。
太陽棒はまっすぐ立っているので、高度の高い太陽に合わせて少し手前に折りたためると良いなと思いました。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気温上昇 [GOBLIN URUKAY]

IMG_3067.jpg
今日は暖かくなって少し霞んでいたけど、ゆっくりフライトできそうだったので行って来ました。

ホバリングに向かない方のリポ No.2 と No.3 を上空用に使い始めたのですが、今日はテールの揺れが発生しません。全体的にどのリポも。

寒くなると良くないリポは回転のバラツキが大きいとのことですので、やはり気温はかなり影響するようです。
寒い時期にフライト前にリポを温めている方の気持ちが良くわかるようになりました。
今までは、上空でいろいろ演技をするのに、パワーが足りないのかなと思っていましたが、ホバリングにも影響するのですね。
KOSMIK でも十分制御できていないと言うことですね。寒い時期はホバリングの練習を考慮する必要がありそうです。3ローターの機体を用意するか、新しいリポを選んでするか。
ちなみに、3ローターの機体だとかなり回転を下げても寒い時期でもヘッドやテールは揺れません。

少し情報を追加しました。テールの揺れ対策


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メインシャフト付近のワッシャー [GOBLIN URUKAY]

IMG_3052.jpg
メインシャフトのベアリングを交換した際に、わずかにシャフトのベアリング止とベアリングの間に隙間があって、ヘッドを持ち上げた時に少し動きました。
ベアリングの上下はほとんど関係ないようでした。

IMG_3053.jpg
T-REX 700X のワッシャーがあったので入れて見ました。もう少しうす手の物があったら良かったのですが、上手く入ったのでしばらくこれでやって見ます。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

振動減りました [GOBLIN URUKAY]

IMG_3008.jpg
振動はこれまでで最小になりました。
ハンチングというよりはミソスリですね。
マストベアリングを交換した効果か、ダンパー交換の効果かは一緒に行ったのではっきりしませんが、多少振動しますが練習には差し支えない程度になりました。
高度60の黒いダンパーも用意されているいますが、しばらく様子見です。
今度部品をオーダーする機会にまとめてやりたいと思います。

IMG_3007.jpg
T-REX 470 も持って来て見ました。
クラブの方のテールの振動は修正できたそうです。テールのリンケージ、やっぱり重要ですね。

今日は、雲でしたが、フライトした途端に空がさーっと晴れて、眩しい太陽のお出まし。
短時間で全天雲が晴れるのは不思議です。
その後、雲の中を全バッテリーフライトして終了しました。
ストールターンのところで機体の姿勢を決めて、そのまま直線飛行をすると高度なや方向がかなり一定になります。目の前に太陽が無ければ、ループも真っ直ぐにできそうなんですけれど。


今日のビデオ
【BELL430】



Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダンパーを黄色に [GOBLIN URUKAY]

IMG_3006.jpg
ダンパーをさらに柔らかいものに変更しています。(ここまでは標準付属のもの)
選択肢が広くて便利です。

変更している最中に気付いたのですが、何となくヘッドがメインシャフトごと動いているような気がします。ベアリングがへたっているようです。(組み立てよりおよそ1年半経過)
GOBLIN のベアリングは結構外すのが大変で、この辺りは別途(全体的に変更する際に)記載したいと思います。

Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

回転数 [GOBLIN URUKAY]

IMG_3003.jpg
今日は全般的に曇り(少しちらちらと雪)なので、太陽棒無しで来たのですが、1フライト目は急にさっと晴れて太陽のお出まし。上空に行っていたので少し慌てました。

そのあとは普通に空は全面的に曇りです。こういう時は、太陽の光が乱反射しているので、機体がなんとなく見えやすいのでとても飛ばしやすい。見間違いもほとんどありません。
もちろん、背後から太陽が射している方が視認性が良いのは言うまでもありませんが。

IMG_3004.jpg
6フライトを終えたところで、綿雪状態で上空が見えなくなったため、ホバリングに切り替えました。
ダンパーを少し柔らかめ(赤色80%)に変更してありましたが、1360回転くらいだと、テールがゆらゆらと縦に揺れます。1390回転でもまだ揺れます。大体このくらいでホバリングが出来れば良いのですが...。

ダンパーをもう少し柔らかく(黄色70%)してみたいと思います。
黒い60%のもあるみたいです。

IMG_3005.jpg
7フライト目には、送信機のディスプレイ部分にも雪が積もり出したので、機体は大丈夫だったのですが撤収しました。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - GOBLIN URUKAY ブログトップ