So-net無料ブログ作成
検索選択

ローターへッドその2 [T-REX 550X]

IMG_2287.jpg
スワッシュです。一応組み立てた状態になっています。ちょっと違いますが。

IMG_2288.jpg
リンクボール類を外します。

IMG_2289.jpg
以前はメンテナンスすることもありましたが、リンクボールは外れて欲しくないので、硬い方のロック剤( T43 )を使っています。
ローターグリップアームにつながる方のリンクボールは外側の穴位置ですね。

IMG_2290.jpg
リンケージロッドです。
700X と違いロッドは逆ネジになっています。
500X 所有のクラブの方が言っていましたが、550X でも逆ネジが採用されています。
何が良いかと言うと、普通はボールリンクを半回転単位でしか合わせられないので、わずかですが左右のロッドの長さに誤差が生まれます。
これは、両方のボールリンクを同じ方向にネジることによって、広げる、或いは狭めることができます。
微妙に調整してぴったりと合わせられます。両方のボールリンクを固定して、真ん中のロッドを回すことでも調整できます。ターンバックルのような使い方ができます。

IMG_2291.jpg
長さは、27mm (ロッドの露出している部分)です。

IMG_2292.jpg
メインシャフト(メインマスト)です。
ALIGNの文字のある方が下側です。
上側はネジ穴が2つ空いているので、間違えることはないと思います。

IMG_2293.jpg
メインシャフトにスワッシュとローターヘッドを通します。

IMG_2294.jpg
ネジ(2箇所)とナイロンナットで固定します。
ナット側です。

IMG_2295.jpg
ネジ側です。

IMG_2296.jpg
ラジアスアームをスワッシュに取り付けます。

IMG_2297.jpg
先ほど組み立てたリンケージロッドを取り付けて終わりです。
ALING機のリンクボールは割と楽にパチンとはまりますね。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: