So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

EPRC EP-720ER [ローター]

IMG_2869.jpg
ローター変えて見ました。EnergyPower社製。
750サイズだとヘッドが流れがちだったのですが、720サイズしたらちょうど良くなったようです。
ローターのサイズが大きい時は、D/Rを増やす必要があるのですが、そうすると姿勢の変化が目立ち気味。
サイズを小さくしたら、振り回されず、かつ姿勢変化が目立たない程度の舵の効き具合は維持できるようです。

テールのサイズも755サイズにしようかと思っていましたが、しばらくそのままで大丈夫そうです。

上空もやって見て、こちらはまあ違いはあまり感じないようで良かったです。

今日はなぜか大きい鳥が多く集まっていました。
かすめるように飛んで来たので、送信機を持って逃げ出してしまいました。

というわけで、ほとんどホバリングのみでした。


Flickr_.png
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

重心位置は重要ですね [フライト]

IMG_2836.jpg
ホバリングではピタッと座っていても、ゆっくりピルエットすると心持ちアップを打っていることに気づきました。
テールベルトを久しぶりに交換した際に、水平尾翼を外してしまったのですが、その時に重心調整するのを忘れていました。(水平尾翼は無い方がブレードホルダーをつけやすいので)
重心位置がずれていると、ホバリングではジャイロが補正して止まっていますが、ピルエットをさせると微妙に追いつかないのでしょうか。

重心位置を再調整したら、なぜか今度はプルプルと機体が振動します。
そういえば、振動が少なくなったので感度を上げたり、回転を下げたりしていました。
フロントが重くて、それをジャイロが補正していたので振動が抑制されていたのかもしれません。

もう一度ヘッドレスポンス( HeadResp )から調整し直しです。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロール [GOBLIN 570]

太陽の無いタイミングを狙って行って来ました。
IMG_2831.jpg
まずは、こちらで肩慣らし。
今日は、太陽が完全にシャットアウトされているので逆光でもサングラス無しで。
ちょっと暗めだけど機体の姿勢は良く見えます。
この機体、太陽を背にするとものすごく良く見えるのですが、逆光だと通常シルエットになってしまって、蛍光カラーも意味無しです。

まえ、墜ちた時はやっぱりローターの回転数異常だったのでしょうね。
特に問題無くロールします。

IMG_2830.jpg
今日の本命はこちら。
最近、大型は中々飛ばせる環境に無いので、これでロールするのも随分久しぶりです。
AFRは、85%→95%と変えて見ましたが、ちょっと反応弱そうなので100%に。

結果、こちらの方が随分と楽でした。
まっすぐ飛んでくるし、ロールした後の回りすぎのおつりもなくピタリと止まる。
ちょっとロールレートが遅いような気がするんですが、この場合、サイクリックレート( CYC.Rtcl :現在 200d/s )とスワッシュレート( SWS.Rate )のどちらを増すのが本筋なのでしょうか。

大型機でのリハビリもかなり進んで来たので、このあたりで550〜700クラスの中間機は弄らなくなりそうです。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PDH-02C [その他]

我がクラブのヘリスケール部長がRC航空ページェントに行った(今回は展示のみ)時に、プロドローン社の PDH-02C (F3Cプロトタイプ)を写真に収めていただきました。

DSC_3286.jpg
全体。
ボディの先端部分を短めにしたそうです。
バッテリーの搭載方法がシルフィードとは異なるので、ノーズ部分は必要無いのでしょう。
空力的に最近の演技向きとのこと。

DSC_3264.jpg
リンケージ部分はまだシルフィードと同じです。
(間に合わなかったとのこと)

DSC_3265.jpg
フレームをフロント部分から。
ボディの接着(ネジを使わず)状況がよく分かります。
バッテリーはフロント側から装着。
バッテリー交換毎にフロントボディを外すようです。

DSC_3251.jpg
フレーム横から。
テール駆動用のダイレクトドライブのギヤが特徴的です。

DSC_3250.jpg
スワッシュなども黒塗装してありますが、シルフィードのもの。

DSC_3262.jpg
ヘッド部分。これも黒塗装してありますが元は同じ。
ボディ、ヘッドの後ろ側に切り欠きがあるので、GOBLIN のようにぱかっと広げて装着らしい。

DSC_3252.jpg
この角度から見ると、フロントボディの取り付けネジが見えます。
バッテリー交換の度にネジ止めでしょうか。

DSC_3261.jpg
テールです。

DSC_3260.jpg
シルフィードと同じものが使われています。

その他の細かいところは、下の Flickr アイコンから写真庫が見えます。

Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暗かったですね [フライト]

IMG_2826.jpg
雨が降ってなかったので行ってきました。
まだ寒くはありませんでしたが、午後少し過ぎると暗くなり始めますね(曇りだし)。
フライト用のグラスは色付きのため、一時間もすると見づらくなってきました。
それでも、フライトの間だけでも降って来なかったのは良かったです。

6フライトほどして撤収しました。

本格的に飛ばせるようになるのはいつでしょうか。
飛行場では無理なんだろうなあ。

Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XT60 黒タイプ [バッテリー]

IMG_2805.jpg
3セルバッテリーに半田付けしました。
コネクターの色で以前の8本と区別がつきそうです。
色は違いますが、仕様は全く同じタイプ。
XT60U など新しいタイプもありますが、従来タイプです。

コネクターがちょっと汚れて見えるのは、半田ゴテの熱で飛び散ったフラックスが付着したものです。

フラックスは生のままだと、金属表面を腐食させ、熱を加えて固まった状態だと絶縁に効果ありとのことです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう一つ到着したもの [その他]

IMG_2804.jpg
この形状のものは、これしかありません。
在庫も数少なくなっていそうなので入手。
シルフィードのローターを固定するだけでは無く、バッテリー交換時に裏返した状態で機体を固定できます。
ボディ付きの方は切り欠きが必要ですね。前回は切り欠きが大きかったので、ちょっとゆるゆる。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

到着しました [バッテリー]

IMG_2803.jpg
ディーンズなのが面倒ですが、在庫のある、黒色 XT60 コネクターを取り付けます。
色違いで入手時期が区別できそうです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3セル8本2回目 [バッテリー]

IMG_2012.jpg
3セルを調達しました。写真が無いので前回の写真。
清水模型に入荷してました。

最近、450のフライト回数が多くて、まとめてフライトするために増強します。
現在、8本を一度に充電できる状態なので、2回で充電できますね。
届いたら半田付けしなくちゃ。

1Sお亡くなりになって、12セルで使え無い状態だったため、6S( 5,000mAh )も1本増強しました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台風前の秋 [フライト]

今日は一日中曇りの予報だったので行ってきました。
こんな日は大好きです。

IMG_2798.jpg
ホバリングの安定しているシルフィード。
ボディ付きで多少重いせいか、同じ回転数でもこちらの方はヘッドが揺れません。
逆に狭いエリアでフライトするのはちょっと難しい。ループしてもスピードがありすぎて。
空気抵抗と慣性重量の関係でしょうね。

あまり、川の方に寄せず、逆に飛行場のエリアに入って来ないように、左右も短めに飛ばしています。
大きな鳥の方は自由に飛んでいるんですけどね。

今日は、鳥の編隊がV字型に飛んでいたので、バードストライクとならないようにその時間帯はずらしました。

IMG_2799.jpg
こちらもバッテリー分フライトしました。
背面状態で指を離してみましたが、30秒くらい大丈夫でした。
(練習になってないかな。)

IMG_2800.jpg
同じモーターアンプを使用しながら、バージョンの新しいものを買ってしまったため、若干飛行特性が変わってしまった450赤号。
アイドルアップ2の方にちょっと高めのスロットルカーブを入れて修正しました。
ノーマルはかなり低めの回転です。離陸と着陸の時だけだからいいか。

今日は大きな鳥がよく飛んでいたので、上空、低空と避けながらフライトしました。
狭いエリアで飛ばすには骨タイプの軽い方のシルフィードの方が具合良さそうです。

大きな鳥が頭の上を飛ぶ方がよっぽど怖いよね。


Flickr_.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -